位牌の作り方

位牌の文字は書きと彫りのどちらが良いか

更新日:

位牌を注文するとき、書き字か彫り字を選ぶこととなります。

書き字と彫り字、実際どちらを選べば良いのかを解説します。

書き字

書き字には、手書きと機械書きがあります。

昔は、位牌はほとんどが手書きで、金泥を使い筆で書き入れていました。

人が書くので、書く人により、大きさやバランスにむらがでることがありました。

現在は機械書きとなり、バランス等の崩れが無く、完璧な仕上がりとなります。

書きは、いずれにしても、長年使い、拭いたりしていると字が薄れていくことがあります。

彫り字

彫り字にも、手彫りと機械彫りがあります。

江戸時代の位牌には手彫りで彫った位牌がありましたが昭和40年代にパンタグラフ式手動彫刻機が開発され以降、職人の数は減り続け現在は貴重な存在となっています。

現在の彫り字位牌の99%は機械彫りとなると思われます。(調査不足かもしれませんが)

彫り字は、彫った中に金を入れ込むため、擦ったりしても、まず剥がれることはありません。

また、近年機械の精度が非常に高まり、小さな位牌に画数の多い漢字を入れても、文字が欠けるということが起きなくなりました。

結論

ずばり、位牌には彫り字を選ぶのがおすすめです。

ただし、ご先祖の位牌が書き字の場合は、書き字で統一するのも良いです。

 

この記事を読んでいる人へのおすすめ記事:

位牌の大きさをサイズごとに比較。標準的なサイズは?

位牌の種類と選び方。一番標準的な位牌は?

夫婦位牌の作り方。書き方・文字入れを画像で解説

-位牌の作り方

Copyright© 「位牌とは何か」を考える位牌の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.