位牌の作り方

位牌の種類とサイズについてのルール(要注意!間違えると大変)

更新日:

位牌の選び方・種類について

基本的に、好きなものを選んでもで構いません。

黒塗りの金仏壇なら、塗りの位牌の中から選ぶと良いでしょう。

仏壇が紫檀や黒檀と言われる唐木仏壇の場合、唐木位牌を選ぶと良いです。

しかし、宗派により使う位牌の種類が違うなどという、これといったきまりはありませんので、どれも選んでもかまいません。

故人に一番ふさわしいと思うものを、ご家族で相談して選びましょう。

迷ったら、故人の母親、父親、ご先祖様の位牌の種類と合わすと良いでしょう。

サイズについてのルール

ご先祖様と同じサイズか、一つ小さいサイズを選ぶ

位牌のサイズはご先祖様の位牌のサイズと同じか、小さいものを選びます。

小さいものを選ぶと、将来代が変わるにつれどんどん小さくなっていってしまうので、ご先祖様と同じサイズがおすすめです。

〇〇家先祖代々之霊位の位牌は、なるべくご先祖様のものより大きなものを選びます。

また、基本的にすべてご本尊よりも小さなものを選びます。

サイズに関して気を付けるポイント

位牌のサイズは、寸で表記しますが、位牌のサイズ表記の●寸とは文字入れをする札部分の長さのことであり、全長のことではありませんのでご注意下さい。

位牌を注文する時は、必ず全長を確認しましょう。

うっかり全長と札寸を勘違いすると、作り直しになってしまいますので要注意です。

位牌のサイズ表記の寸は札寸のことです

 

この記事を読んでいる人へのおすすめ記事:

一霊位牌の作り方を画像で分かりやすく解説

夫婦位牌の作り方。書き方・文字入れを画像で解説

位牌に梵字は必要?

位牌の文字は書きと彫りのどちらが良いか

-位牌の作り方

Copyright© 「位牌とは何か」を考える位牌の総合情報サイト , 2019 All Rights Reserved.